女性なら気になるバストサイズの遺伝について

バストアップサプリ-胸のサイズは遺伝する?

胸が小さい人の中には、自分の母親も胸が小さいから遺伝のせいで胸が大きくならないと思っている人も多いはずです。これは、昔から言われる話ですよね。もし、遺伝が関係しているということであれば、いくらバストアップの努力をしたとしても意味がないということになってしまいます。
バストアップサプリメントの人気ランキング!

しかし、今はバストのサイズと遺伝にはあまり大きな関係がないということがわかっているんです。なぜなら、胸の大きさを左右するポイントは乳腺脂肪体の量であり、遺伝ではないからです。

つまり、母親の胸が小さかったとしても、適切なバストアップ対策を取ることで大きな胸を手に入れることも不可能ではありません。逆に、それまで遺伝のせいだから小さいのは当然のことだと諦めていた人は、胸が大きくならない理由が他にあるということですよね。

それから、母親の胸が大きい場合も安心してはいけないということになります。ですが、実際に親子では胸の大きさが似ている人がたくさんいます。これはなぜなのでしょうか。

特に大きな理由として考えられるのが、生活習慣に関することです。一緒に生活をしていると、生活のリズムも似てきますよね。当然ながら、食べているものも同じはずです。

仮に母親に好き嫌いが多くて自分が苦手なものを食卓に出さないようだと、栄養のバランスが乱れた食生活を送ることになってしまいます。バストを大きくするためには栄養バランスの整った食生活が大切となるわけなので、これではどうしてもバストアップが難しくなると言えるでしょう。

生活リズムについても同じことが言えます。家族みんなで夜中まで起きていて睡眠時間が不足する生活が当たり前になっている場合、寝ている間に分泌される成長ホルモンが少なく、バストが育たないという状況になってしまうんです。

それから、正しい姿勢を維持することもバストアップに欠かせませんが、親が姿勢にうるさくない家庭で育った場合、姿勢が悪いまま成長し、胸が大きくならない原因を作ってしまうこともあります。遺伝というよりは生活環境の問題が大きいので、自分の生活習慣や環境をチェックしてみましょう。

30代のバストアップのために気をつけたいこと

30代に入ると、これまで以上にバストアップのための取り組みが重要になります。20代までのように女性ホルモンも活発に分泌されなくなりますし。

筋肉自体が加齢によってたるんで、バストを支えるための機能が弱くなります。これまで以上に「攻め」の姿勢で取り組んでいかないと、バストアップどころか、バストを維持するのすら難しくなってしまいます。

まず、30代になると女性は結婚し、赤ちゃんが生まれて、授乳をする人も増えると思います。バストの本来の機能である母乳を作るという機能を高めるため、一時的にバストは大きくなったり、ハリが出てきたりします。

これは、母乳を作るための乳腺の働きが活発になるためですが、母乳が出る期間が終わってしまうと、急激に乳腺が衰退してしまいます。同時に乳腺の周りの乳腺細胞も減ってしまい、結果としてバストのサイドがダウンしてしまうのです。

そうしたかなかで、だんだんとバストアップのためのぴったりとしたブラジャーをつけるのが億劫になってしまい、ワイヤーの入っていないブラジャーや、特にブラジャーをつけずに、カップのあるタンクトップだけで済ますという人も増えていきます。

このような状態が続くと、バストを支える大胸筋やクーパー靭帯が伸びきってしまい、結果としてバストが垂れてしまいます。ブラジャーの着用法が変わってしまうのが30代の特徴なのです。

このような状態を防ぐためには、バストマッサージ、エクササイズに加えて、バストアップサプリの服用が重要になります。サプリはバストアップに重要な女性ホルモンである「エストロゲン」などを刺激し、分泌を促す成分が多く配合されています。

女性ホルモンが低下しているときだからこそ、サプリは絶大な効果を発揮します。特に、プラエリア配合のものが最近有名になっています。

サプリによって女性ホルモンが多く分泌され、乳腺の活動も再び活発になり、周囲の脂肪もついてバストは大きくなります。是非、バストアップサプリを試していただくことをお勧めします。

40代になってもバストアップは可能でしょうか?

40代に差し掛かっても、女性は美しいバストを維持して、バストアップを図りたいと思う気持ちは変わりありません。

その気持ちに、実際のところ、応えることはできるのでしょうか。答えは「イエス」です。40代になっても適切なバストアップのための取り組みを行えば十分に可能なことなのです。

何よりも意識しないといけないのが女性ホルモンの減少です。20代後半から女性ホルモンの減少は大きくなり、40代ではそのままではバストアップがなかなか難しいくらいの分泌量になってしまいます。

特に、睡眠時に女性ホルモンが活発に分泌されるのですが、40代になるとその重要な睡眠時の女性ホルモンの分泌が、大きく減ってきてしまいます。深くしっかりとした睡眠は、40代以前からもバストアップには重要な要素だったのですが、その効果がだんだんと薄れてきてしまうのです。

では、どうすればよいのかということになります。基本的には40代以前のバストアップの方法と変わらず、バランスの良い食事、バスト周辺のマッサージ・エクササイズを中心に考えていくことになります。

女性ホルモンは大きく分けると、「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、双方がバランスよく分泌されていることがバストアップのカギです。

バストアップに直接作用するのは、エストロゲンですが、40代になると、更年期障害などの特有の健康問題が発生します。エストロゲンが過剰に分泌されると、そのリスクが高まりますが、プロゲステロンによってその副作用を防ぐことができます。

これらの女性ホルモンは日頃の食生活によってバランスを整えることも有効であり、特に「イソフラボン」が含まれた食品を意識して食べることが重要になります。イソフラボンは大豆製品に多く含まれているため、豆腐料理や豆乳などで補うことも可能です。

また、イソフラボンを含有したバストアップサプリもありますので、40代女性特有のホルモンバランスの乱れの解消やバストアップにも効果的です。

バスト周りのマッサージは、血行を良くして、女性ホルモンの働きをより行きわたらせ、乳腺も活発にします。合わせて行えば、より効果的です。